診療のご案内

急性虫垂炎

急性虫垂炎とは

下痢を伴わない右下腹部痛があり、歩くとおなかに響くなどの症状があります。

始めのころの症状としては、少し嘔気がある、最初胃のあたりが痛みその後右下腹部に痛みが移ってくるなどの症状が典型的です。
炎症がひどくなってくると発熱したり下痢したりすることがあります。

治療について

血液検査および腹部レントゲン、腹部エコー検査で診断し、その重篤度を把握します。
小児の場合は腫れた虫垂が破れて穿孔性腹膜炎になりやすいため、原則緊急手術が選択されます。

最近は腹腔鏡下手術を行うことがほとんどで、創部感染などの合併症も減り、術後入院日数も短くなりました。
炎症の軽い段階で手術を受ければ、数泊の入院で済みます。

大人で炎症所見がある程度ある場合は、緊急手術を避けてまず抗生剤でちらした後に、予定で腹腔鏡下手術を行うこともあります。
ただし、虫垂穿孔や虫垂周囲の膿瘍を合併している場合は緊急手術が優先されることが多いようです。

WEB予約はこちら

診療時間

診療時間 ・祝
午前
9:00~12:30(受付 8:30~12:30)
午後
15:30~19:00(受付 15:20~19:00)

予約
午前
9:00〜12:30
(受付/8:30~12:30)
午後
15:30〜19:00
(受付/15:20~19:00)

休診日

木曜・土曜午後・日曜祝日

予約制

火曜の午後はエコー検査など、
事前予約制になります。

木曜、土曜午後、日曜・祝日

火曜の午後はエコー検査など、事前予約制になります。

ネット予約(初診の腹部エコーのみ)

問診票ダウンロード

「千里中央」駅から徒歩4分

交通アクセス

  • 腹痛外来
  • 感染症対策
  • 脂肪肝検査
  • オンライン診療
  • 健康診断
  • 問診票ダウンロード
  • 予防接種
  • 病気のお話
  • 採用情報
  • 公式LINE
  • ためさん診療所公式インスタグラム
  • ドクターズファイル